picapica イギリス留学blog  2006年9月11日から渡英しました! 留学中のことを覚書きしていこうと思います・・・
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
腐った事務処理
日本の常識は世界の非常識。


なーんて誰かが言ったとか言わないとか。
つまり、日本で「これくらいやれて当然」とか「普通に受けられるサービス」とか
私たちが思っているレベルは海外で通用しないということです。


(最近ミクシー断ちしているのでブログが更新されているという矛盾w)


さて、イギリスもご多聞に漏れず、事務手続きに関してはもー腐ってるのなんのって。
一体、何回いったら正しくできるの!!

イギリス留学前からいろんな留学生のブログや情報誌などで見聞きしていたこの腐れ事務、
故に最初から期待などしていないし、多少のトラブルは留学のつきもの、
なんて考えていたけど・・・



私の今年の学費、去年度の単位を今年のコースに移行して、
今年度は必須の半分の単位を取ればいいため、学費も半額になっています。
Income Sectionのヘッドとも何度もメールをかわし、
私がお世話になっている奨学金の財団からの公式文書を送り、
ヘッドから「じゃあ、アナタの学費はFull tuitionの半額で」とやっと返答をもらったのに・・・
(これに優に3ヶ月はかけている)。


タームごとに行うエンロールメント・サーベイ(履修登録および住所その他の記録確認)で、
またも私の学費はFull tuitionになっている!!
で、これ違いますよ、半額の○○○○ポンドです、とメールしたところ、

「アナタの学費は○○○○○ポンドです(←単位いっこ違う)」と返事があり、
さらにこのメールはEnrollment Sectionで何人かが議論した後が残っており、
それによると

「この学生さん、学費が○○○ポンドだっていってるの、
ちょっと解決してもらえるかしら」

いやいや、アタシ学費が3桁だなんて言ってないし!よく見てよ・・・。
どうでもいいけど色々まつがってます!(←ほぼ日愛読者)。


だーかーらー!!!

なんだろーなー、正式なコース費はそれだけど、私個人は半額、ていうことで
これ(表記上はFull tuition)で認めてしまってもいいのか・・・
いやいや、そんなことして、認めたんだから払えなんて言われたら堪ったもんじゃないし。


というわけでー今度は嫌味のひとつも付けて(憑けて?)メールを送りつけようかと・・・
思うけど・・・一応、冷静にいこう。
でも「頼むからこれでこの事について議論するのは最後にしてね」くらいのことは
言ってやりたい・・・。

というわけで、思わず、怒りの更新でございました。
スポンサーサイト
2008'02'20(Wed)16:33 [ 留学 ] CM2. TB0 . TOP ▲
携帯電話のれせぷしょん・・・・?
さて、更新が滞りがちな本ブログではありますが、
今回も懲りずに英語のお時間です。

hahiuめはへろへろな英語のまま渡英し、修士課程で
サバイバル生活しておりますので(皆さんはどうぞしっかりと
英語・専門の勉強をやって留学生活に万全の備えを・・・)
こっちへ来て初めて知る単語もございます。


さて、それがひとつ。

Reception

留学生どうしで携帯の話をしているとき、
「私Vodafoneなんだけど寮だとレセプションが・・・」みたいに言ってるわけです。は?携帯でレセプション?受付?

よくよく聞いてると、『電波の受信状態』のことだとわかってきました。
そ、そういうことかー!

I have no reception.とか
The reception is pretty good.とか、
会話の中に出てくるかと思います。生活してみて初めて覚える単語も
まだまだあるんだなー・・(私が知らなさスギ!?)

あ、ちなみにー
掛け布団はduvet(でゅべ、フランス語かな?)でしたよ~買いにいったら
最初はどれが掛け布団か分からなくて焦ったw
2007'01'11(Thu)06:10 [ 留学 ] CM0. TB0 . TOP ▲
welsh class
さて、このブログの端っこにちょろっと書いてあるのですが、
私は今、イギリスの中でも西部にあるウェールズ地方にいます。
よーく地図で境界線を確認すると、その面積って思ってたより小さい。。

ウェールズには元々独自の言語がありまして、英語ではwelsh、
ウェールズ語ではCymaergと言います。cは英語のkの音。yはiっぽいかな。
きまいるぐ・・・てところか。rは巻き舌で。
ガイドブックの受け売りによりますとw、何気に世界最古の言語の一つだそうです。

ウェールズに一歩入ると、もうそこらじゅうにウェールズ語が溢れていて、
標識の表記は必ず英語・ウェールズ語併記になっています。
そんなわけで、何とかウェールズ語の基礎だけでもやれないものかなーと
常々思っていたわけです。看板くらい読みたい!と。

ウェールズの大学なんだからソサエティ(日本の大学でいうサークル)くらい
きっとあるだろう、と思ってたんですが、ちょっとなさげ。
というわけで、たまーにウェールズ語学習の日本語サイト(ひとつだけ!)
でちょっとずつ母音や子音の読み方など見ていた私。。

そんな時に朗報。我らがカーディフ大学の中で、
ウェールズ語の一週間特別講義が開催されるというじゃないですか。
これはもう、受けないと!と同じく看板を読むのが目標というヨンと一緒に先週、出席w

一週間にしてはかなり沢山のことを教わって、ちょっと飽和状態ですけど、
日記でウェールズ語を使ってみたりなんかして、せこせこ復習してます。
ただ看板を読む以上のことを教わって日記など書いているうち、
もう少し上のレベルにしたいなぁ、と欲が出てきました。
ヨンにも内緒(笑)で、レベルアップを図ろうと頑張っています。
というのも、ヨーロッパ言語の方たちはやっぱりアドバンテージがあって、
私より初めての単語もすっと聞き取れるし、覚えられる。
ヨンなんかラテン語がかなりできるので余計に有利。

くそ~勤勉さでその名を世界に轟かせる日本人をなめんな~(誰もなめてないw)と、
1人燃えているhahiuなのでありました。

ちなみにウェールズ語はこんな感じ↓

Shmae! Prynhawn da!
Pwy dych chi? Sut dych chi?

Hahiu dw i.
Dw in iawn ond dw i wedi blino heddiw.
Ond mae hi'n braf a dydy hi ddim yn wyntog.

Myfyriwr yn prifysgol Caerdydd dw i.
Ble dych chi'n gweithio?

Dw i'n hoffi bwyd Chinese ond dw i ddim yn hoffi Indian.
Dw i ddim yn gallu cogino dau bwyd. A chi?

Dw i'n mynd park heddiw. Hwyl!

でも、hahiuの何ちゃってウェルシュなので余りあてにするのは・・w

どうぞワンポチお願いしまーす!
人気blogランキングへ
2006'10'31(Tue)21:28 [ 留学 ] CM2. TB0 . TOP ▲
授業の準備
まったくもって、苦労の耐えない授業準備。

ともかくも、沢山読まなければならないわけです。


専門分野でのアカデミックな単語語彙力があからさまに足らないので
最初は辞書ひきひき、ただ単語だけピックアップ。
まーぜーんぶ、てわけにも行かないから、重要そうなものを。
で、読み進める。

最初は、abstractあるいはsummary(本文要約)と書いてあるところを読み、
それに加えて、章タイトルとか目次とかを読んで、話の流れを予測。
そして最後のConclusion(結論部分)を読む。

話の流れが大筋で分かっているだけでも
リーディングへのストレス度は軽減できるよー。
それでもまだ、私は時間かかってるけど。。。が、頑張る。

では、授業準備についてもまた、続きを追々かいていきます。

本日もどうか応援よろしく!
人気blogランキングへ
2006'10'25(Wed)01:42 [ 留学 ] CM2. TB0 . TOP ▲
留学生どうしの友情
昨日、札幌時代に知り合い、留学という共通点もあって
親しくなった友人とチャットで大いに語ったのが、留学生どうしの友情。
現地での友情もそうだし、彼女と私のように、
母国を長期で離れて生活する者どうしでも。

やっぱりねえ、離れて暮らしてみないことには、
この気持ちは中々分かってもらえないものなんですね。
彼女は、日本に彼がいるけれど、彼は旅行程度でしか海外に行ったことがないし、
彼女が言うには英語も全くといっていいほど出来ない、と。
必要性も感じていない。

なので、「辛い」とちょっと言うと「自分で選んだ道でしょ」と言われるし
「楽しい」というと「遊んでばっかりいて」と言われる。。。おいおい。

自分で選んだって、毎日順調・充実なんてそんな人生ありえないでしょ!
辛いことだってでてくるよ~。日本じゃなく、外国に居る分、不安感は倍になるし。
それでも、好きでやってるから何とかどうにか、ってとこなのです。

自分で選んだからには、という気持ちは私にもあります。
だから弱音ばっかりじゃなくて、すぐ自分を元気にして、勉強できる精神状態へ
持って行く努力をします。

皆そうやってるんだよぅ。

そういう気持ち、やっぱり留学生どうしだと理解し合えるんですよね。
だから、言葉が拙いことを許しあえ、話しやすいということもあるけど
そういう理由で、留学生どうしが仲良くなるのかなって。

ま、留学生だけで固まって、排他的(この場合イギリス人が不在ということ)になっちゃ
それは意味のないことですけどね!
その意味で、イギリス人が大半を占めるうちの学部は良かったといえるのか。。。

ではでは、本日もどうか応援よろしく!
人気blogランキングへ
2006'10'23(Mon)23:29 [ 留学 ] CM0. TB0 . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。