picapica イギリス留学blog  2006年9月11日から渡英しました! 留学中のことを覚書きしていこうと思います・・・
10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
渡英前の英語の勉強
余り大したことをやれなかったけど・・・
当時の英語力で、英語力を磨くとしたら何がやれたかなぁ・・・。

ということを、もう留学生としての生活もほぼ終わった今の時点から
考えてみたいと思います。

渡英して、英語が理解したい!とはがゆい思いをするシチュエーションといえば・・・

*ネイティブ同士の会話に入れない(というか最初は聞き取りすらほぼ絶望)
*授業(個から多へのスピーチ)が聞き取れない、理解が追いつかない
*若者英語が特に難しい
*リーディングに恐ろしく時間がかかる(最初は1パラグラフに1時間もかかってたりとかしたなぁ・・真面目に読みすぎた)
*ライティング、当然ながら日本語に比べれば語彙が少なすぎる


まあ、コースに人数がたくさんいて、
かつディスカッションする授業がなければリスニング・スピーキングが弱くても
リーディング・ライティングだけでどうにか踏ん張れるかもしれない。

テレビ学習で大分、リスニング・話し言葉の語彙が増えたのを思うと、
日本で出来るだけ英語のDVDをみるのが良いかと。
送料はかかるけど、Amazon.co.ukを利用してBBCドラマなんかも買ったりね。
若者がばんばん早口で喋るものを聞きまくったらいい。
コメディとかが、何度も繰り返せるからいいかなぁ。へビィなものはちょっとできないもんね。

字幕なしで見れるようになればいいと思うけど、
渡英前の状態ならひたすら字幕に追いつく練習でいいと思う。
喋るスピードでその内容が理解できることが大事だから。
それに目に入る単語を何度も見るうちに語彙も定着するしね。

生活の情報源をできるだけその言語に置き換えるといいと思うので、
ニュースをBBCNewsのオンラインで見出しチェック、動画も多少チェック。


渡英直前は1ヶ月余り実家にいた。
英語を話す状況にはなかったけど、スカイプなんかをオンラインにしてたら
勝手にいろんな人が話しかけてくれるのでそれで練習もできるし、
英語で数行の日記を書いてみるだけでも違うと思う。
自分の言いたいことを英語で言う練習ができる。

TOEFL用のリスニングとか、
その他リスニング教材はたくさんあるので、
講義をしているのを聞く練習はできると思う。
自分の分野があればなおいいけど、そうでなくても練習には十分なる。
あ、ひょっとしたら、You tubeなんかにそういうの結構ころがってるんじゃないかしら。
○○大学の講義、とか○○先生の講義とか。
便利な世の中だ笑。

できるだけやっても、ネイティブにはやっぱり追いつかないし、
ディスアドバンテージを常に感じる。
だけど、結果の成績が必ずしも追いつかないとは限らない。

渡英前から先生に連絡をとっておくのは良い手だったろうなぁ。
アプリケーションフォームに自分のことを詳細に書いたはずなのに、
しかもコースは10人にも満たないのに、私のこと、先生は全然分かってなかった。

コースで頻出の語彙を事前に知るのはためになるし、
コア科目のモジュールをメールしてもらえるよう、頼んでみるといいかも。
今年のがまだ、、というのであれば去年のでも参考になるから、とかいえば
メール一つでぽち、なんだしやってくれると思う。

そしたらそのリーディングリストの中から手に入るものを1つでも読み込んでみたらいいし、
モジュール内容自体も読み込んでみたら、授業を進めていく上で必要な語彙がピックアップできるはず。


あとは。。。自分の勉強する分野の参考文献を日本語で読み込む。
母国語のアドバンテージを捨ててしまう手はありません。やっぱりこれが一番深く理解できる方法なんだから。


事前にやれることはこんなもんかしら。
実際に渡英しちゃったあとはあれです、エッセイで成績のかなりの部分が出るだろうから、
せめて「この構成でかきますが大丈夫でしょうか?」と章構成を作って
エッセイ課題が出るたびに毎回チューターに聞いてみる。

それでOKがでれば、本筋がそれることはないから、
Passはもらえるレベルになると思う。あと疑問は逐一聞いておく。
言葉が自信なければメールでもいいし。



とりとめなく書いてみましたが、
私のこうすればよかったな、なこの文章が
誰かの役に立てば幸いです。
スポンサーサイト
2008'11'26(Wed)14:05 [ 英語 ] CM2. TB2 . TOP ▲
ドラマ好き
今日から始まったBBCドラマ"Tess of the D'urbervilles

ああ、例によって19世紀ドラマですよ!ウハウハ!笑。
先ほど第一話を見終えたところなのですけど、もー私の好きな衣装、お部屋の調度品、小物の数々・・・もー大興奮で見終えましたw

ちゃんとビデオもセットして・・・っとw。


なんというか、以前テレビで見て、かつDVDも買った同じくBBCドラマのCranfordなんかとは違い、かなりシリアス。イギリス(多分欧米ではきっと通常あるのでしょう)では、番組が始まる前に暴力シーンを含む、とか、やや乱暴な言葉が所々使われるなどという注意がナレーションされるのですが、今日も初回から「性的な暴力シーンが含まれます」と。

うーん、初回予告では明らかにそれを匂わせるシーンがでてきたけど、やっぱそうか。苦難の主人公なわけですね。最後は幸せになるのかしら・・・ドキドキ。 

基本はCranfordのようにちょっとコメディの入った、平和な何気ない展開のドラマが好きだけど、たまにはこういうのもいっか。そして19世紀だし(←しつこい)。

改めて自分がこういう世界が好きなんだなぁと、つくづく思います。


Cranfordをテレビ見たときは9ヶ月ほど前になりますが(そんなに時間が経ったことに今驚いた)、Tess...を今日見て結構ちゃんと聞き取って理解してることに驚き。映像があるのでストーリーは掴めてたけど、Cranfordの頃は台詞自体はまだ何度も見た後で理解してたな・・・。今回の理解度で、やっぱり、ちゃんとリスニング力は上がってるんだ、と嬉しくなりました。

日本人でもネイティブがびっくりするほどの完璧な英語を話す人たちも居て、古くは新渡戸稲造、最近(?)の政治家では宮沢喜一氏や中曽根康弘氏が通訳を介さずに欧米の首脳と議論を交わしたそうなのですが、彼らに共通するのは素読(意味の理解は気にせずに音読してみること)。私もそういえばDVDを字幕つきで見ながら台詞をよく声にだしています。


というわけで、アナタもいかがですか、DVD学習法!笑。
2008'09'14(Sun)23:22 [ 英語 ] CM4. TB0 . TOP ▲
英語の伸び悩み
もうイギリス滞在が1年半を過ぎてしまったのに、hahiuの英語はイマイチであります。
喋りも上手くないけど、聞き取りも思うようにならない感じ・・・。
いまだに英語だめで。。。とつぶやくと、バイト先の友達(マレーシアとか中国系の子たち)は
あら、アナタの英語はとってもいいわよ!と慰めてくれますが。。。
ちがうの、こんな「どうにかやってる」レベルじゃなく、Excellentな英語にしたいの。

BBCニュースのような聞き取りやすい明瞭な英語であればいいけど、
会う人ごとにいろんなアクセントで喋られるとそのたび混乱して分からなくなるし、
いきなり話し出すと???となることもしばしば。

こここ、これではいかんっ

そういうわけで、大学院のレクチャーも終わってしまった今、
自分でもできる英語力向上を!といろいろはじめつつあります。

1 DVD鑑賞で「話すスピード」で字幕を読み理解する練習(+時々、語彙増強)
2 メールマガジンで言い回しを勉強
3 TVニュースやドラマなどなどで字幕なしで理解する練習
4 小説のAudio CDで真似したいアクセントを聴き込む
5 ケンブリッジ英検CPEの問題集を暗記するくらいの勢いで何度も解く
6 英語でメールを毎日かく

4のために、私の場合はJane AustenのCD collectionをAmazon.co.ukでセール品で買いました。新品でもセール品が結構見つかるし、英語教材を買うのにもオススメです。映画Holidayを見てKate Winsletの英語が素敵だなぁとおもっていたのですが、このCDコレクションのなかのSense and Sensibilityを彼女が朗読していたので、これを少しずつ聴き進めているところです。

5はこれからやろうと思っているところ。なにせケンブリッジ英検最上級のCPE(Certificate of Proficiency in Englishはネイティブレベルと認められるもので、それだけに他の試験と違い、一度合格すれば有効期限がありません。なので、将来的には受けたいので、その準備もかねて。

あと、これは週1回だけど、イギリス人の方に日本語を教えています。でも生徒さんは日本語ビギナーなので会話は英語、というわけで私には好都合なわけです(笑)。


今書いた方法って、日本に居ながらできることがおおいですよね。
BBCニュースや番組もネットでかなりみれますし。インターネットラジオもあるし。
というわけで、英語学習者のみなさま、共にがんばりましょー。
2008'06'18(Wed)23:44 [ 英語 ] CM3. TB0 . TOP ▲
ミルクティーとベーグルとイギリスドラマと
英語っていうか、イギリス生活ていうべきか、と迷うカテゴリーです。

先日の更新で書いたBBCドラマのCranford、DVDを買いました
ドラマのメイキング映像もついていて、ますます19世紀の衣装に萌えーです(笑)。

このドラマ、ジュディ・デンチが主要キャラの一人なのですが、イギリスでは押しも押されぬ名女優。ハリウッド映画にも出ているので知ってる人は知ってるかな?007にも出ていたし、ショコラにもでていたな。

さて、1年半近く経っても未だ、私のリスニング力は驚くべき向上を遂げるわけでもなく、そりゃーここにきた頃に比べりゃマシですよ、と言うほかないので「そう言ってたのか!」と驚いたり、ストーリーの主軸には関係の無い小話的なところなど聞き逃していたところがわんさか出てきて、嬉しいやら、情けないやら・・・。

お昼に焼いたベーグルと、whole milk(成分無調整ってことかな?)をたっぷり入れたミルクティーとともに、英語字幕つきで聞き逃しや知らない単語を再び追うであります!
(っていう言い訳で勉強から逃避しているとかいっちゃイヤイヤ)


そういえば、メイキング映像の中で脚本家の方が"She is so humourous without meanig to be"(狙ってないのに面白いのよね)と言っていて、

使える! 

と思った私はやっぱりB型です。何に使う気だよ。


そんなことはともかく、もともとイギリス英語に傾倒して、また19世紀ラブな私にとってはそれらの要素が詰まったものが沢山見られてウハウハなのですw。クリスマスやバレンタイン、メイデーなど、日本では良くも悪くも商業的に変えられたものの本来の様子が見られるのもいいところです。

英語学習の点からみても、大好きなものなら苦痛にならないし、映像と一緒なら使うべき場面も把握しやすくて長期記憶にももってこい、と改めてお勧めしたい次第です。

2008'02'17(Sun)19:09 [ 英語 ] CM2. TB0 . TOP ▲
わーやっちゃったぁ!
さて、ためになるかならないか、まったくもって謎な、
そんな英語の時間がまたもや、やってまいりました(笑)。

最近でくわした、表現。

論文を書くために必修のWrittingの授業で宿題が出ているhahiuは、
ヨンに教えてもらうため、手土産にスプライトの2Lボトルを購入。
(いつもヨンは「そんなの要らないって」と聖人ぶりを発揮しますが
この日は私が疲れて夜まで寝倒してしまってたのでお詫びに・・・)

ヨンの住むところの近くには坂がありまして、ペットボトルをビニル袋に入れたまま
自転車で坂を下っていると、ぶちっ、ゴロゴロゴロ!
勢いよく転がり落ちるスプライト!うげぇ!

巡回中のセキュリティのおじさんが止めてくれた(笑)。
ところが、この"ぶらっでぃ"なペットボトルめは、坂を転がっただけで
小さな穴が開いてしまった!
見た目には分からないけど、ボトルのかなり上の方からぴうーっとスプライトが噴出す。

そしておじさん、"Oh, it's gone!"
噴出すスプライトに衝撃をうけつつも"it's gone"(it has gone)に耳がダンボ。
なに、そういうのか、いっちゃったね~って!?

何事もお勉強。お友達との雑談に使えそうです。ね?(無理矢理うながすw)

どうぞアナタの愛でぽちっとな♬♫
人気blogランキングへ
2006'11'20(Mon)10:39 [ 英語 ] CM4. TB0 . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。