picapica イギリス留学blog  2006年9月11日から渡英しました! 留学中のことを覚書きしていこうと思います・・・
01≪ 2008| 123456789101112131415161718192021222324252627282902/ ≫03
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
Shwmae! Hahiu dw i!
今日のタイトルはウェールズ語です。

こんにちは、私はhahiuです!って意味。
英語と似てたりするのかしら?って思うととんでもなくて、
文法もかなり違います。アルファベットの綴りも独特。
頻繁にffやddといったものが出てきます。


このウェールズ語、長く禁止されていたため、
話者が激減してしまいました。
そこで近年では法律で英語・ウェールズ語を必ず併記とし、
街の標識や駅名、公文書や広告などみんなウェールズ語と英語、
また小学校からウェールズ語の授業が始まったり、
あるいはウェールズ語のみの学校もあります。


でも今大学に通っている友達でウェールズ出身の人くらいだと
殆どウェールズ語は知らないって人が多い。
特に首都カーディフのウェールズ語人口は少ないです。


そこで今BBC・Walesでやっている番組、the Big Welsh Challenge
セレブリティがウェールズ語の基礎から挑戦しているのですが、
殺人事件をウェールズ語で解決するチャレンジが待っているのです。探偵として、ウェールズ語話者たちに「ウェールズ語」で質問、ウェールズ語で証言を聞き、事件の謎を解く・・・たのしそー!素人でいいなら参加したいっ♪


って英語もヘロヘロのくせに・・・。



折角だから読むだけでも、と去年は一週間の基礎講座を大学で受けたものの、もっとちゃんと勉強したいなぁ、と思う今日この頃。


the Big Welsh Challengeのサイトでは番組のオンライン学習サイトがあり、
またレベル別に他のオンライン学習サイトも紹介されています。


大学で数ヶ月のコースとかとろうか、でもお金が。。。
と悩んでいたhahiuですが、これは使える!
分からないところだけウェールズ人の友達に聞けばいいのさっ♪


何気に最古の言語の一つと言われているウェールズ語、皆さんも、ためしにいかが?
スポンサーサイト
2008'02'28(Thu)00:21 [ イギリス生活 ] CM0. TB0 . TOP ▲
ジャズを聴くのです。
私、hahiuは、こう見えましても(どう見えるのやら?)、ジャズに興味がありまして。
ものすごく詳しいとかではないけど、いいなー好きだなーと思える音楽が、どうもジャズなようなのです。


落ち着いた、メランコリックなのとか、ビル・エヴァンズやオスカー・ピーターソンのような洗練された大人のジャズも聞きますが、
映画Swing Girlsに出てくるBigBandJazzは特に大好き。


こちらへ来て暫くした頃、Jazz演奏をするお店があるのを知り、
友達といってみたところ、トロンボーンを吹くおじいちゃんと知り合いになりました。

毎週月曜は素人さんの演奏の日と決まっていて、ミュージックチャージも£2。というわけで、以来、足繁く通っているわけであります。

お友達になったおじいちゃんは、ビッグバンドに参加していて、
楽しい彼らのパフォーマンスがすっかり気に入った私は彼らのギグに頻繁に行くし、他のバンドや演奏者が市内のジャズどころで演奏するときもおじちゃん・おじーちゃんなお友達と見たりしております。(わりとお酒もおごってもらいますw)


今日はまたトランペッターの演奏があるので、ちょっとこれから行ってみようと思っています。
おじいちゃんたちとは今日は約束していないけど、演奏者の面子から考えて、絶対誰かいそうw。


何を隠そう(いや隠した方がいいかもしれないレベルですが)、
ワタクシ、昔はトランペッター。そのうち再開したいなぁ、と目論見中です。。。
2008'02'26(Tue)21:43 [ イギリス生活 ] CM2. TB0 . TOP ▲
腐った事務処理
日本の常識は世界の非常識。


なーんて誰かが言ったとか言わないとか。
つまり、日本で「これくらいやれて当然」とか「普通に受けられるサービス」とか
私たちが思っているレベルは海外で通用しないということです。


(最近ミクシー断ちしているのでブログが更新されているという矛盾w)


さて、イギリスもご多聞に漏れず、事務手続きに関してはもー腐ってるのなんのって。
一体、何回いったら正しくできるの!!

イギリス留学前からいろんな留学生のブログや情報誌などで見聞きしていたこの腐れ事務、
故に最初から期待などしていないし、多少のトラブルは留学のつきもの、
なんて考えていたけど・・・



私の今年の学費、去年度の単位を今年のコースに移行して、
今年度は必須の半分の単位を取ればいいため、学費も半額になっています。
Income Sectionのヘッドとも何度もメールをかわし、
私がお世話になっている奨学金の財団からの公式文書を送り、
ヘッドから「じゃあ、アナタの学費はFull tuitionの半額で」とやっと返答をもらったのに・・・
(これに優に3ヶ月はかけている)。


タームごとに行うエンロールメント・サーベイ(履修登録および住所その他の記録確認)で、
またも私の学費はFull tuitionになっている!!
で、これ違いますよ、半額の○○○○ポンドです、とメールしたところ、

「アナタの学費は○○○○○ポンドです(←単位いっこ違う)」と返事があり、
さらにこのメールはEnrollment Sectionで何人かが議論した後が残っており、
それによると

「この学生さん、学費が○○○ポンドだっていってるの、
ちょっと解決してもらえるかしら」

いやいや、アタシ学費が3桁だなんて言ってないし!よく見てよ・・・。
どうでもいいけど色々まつがってます!(←ほぼ日愛読者)。


だーかーらー!!!

なんだろーなー、正式なコース費はそれだけど、私個人は半額、ていうことで
これ(表記上はFull tuition)で認めてしまってもいいのか・・・
いやいや、そんなことして、認めたんだから払えなんて言われたら堪ったもんじゃないし。


というわけでー今度は嫌味のひとつも付けて(憑けて?)メールを送りつけようかと・・・
思うけど・・・一応、冷静にいこう。
でも「頼むからこれでこの事について議論するのは最後にしてね」くらいのことは
言ってやりたい・・・。

というわけで、思わず、怒りの更新でございました。
2008'02'20(Wed)16:33 [ 留学 ] CM2. TB0 . TOP ▲
イギリスのドラマ -現代劇
さて、先日書いた通り、わたくしhahiuは19世紀のストーリーが大好きでありますが、
イギリスにも当然現代ドラマがいろいろあります。

といっても、どうも現代ドラマは輸入物も目立ちます。
アメリカもしくはオーストラリア。
秋ごろはHeroesのシーズン1もやってましたしね。


しかし、イギリスのドラマ、といえば浮かぶのはソープドラマのEast Enders。
このほかにもコロネーションストリートとか、オーストラリアのNeighboursとか。

こーれがもう、ウン十年も続いていたりして、死ぬまでやってるんじゃないか、
ていうか、死んでもやってるんじゃないかってくらいのロングラン番組たちなのです。
内容も大概、どこそこの奥さんと隣のダンナはできてて、実はどこそこのダンナがゲイで、
みたいな。

そんなトラブルばっかのご近所あるのかよ、という展開は日本の昼ドラの勢いと似てます。

聞いたところに寄ると、余りに長い番組なので、当然役者さんは途中で降りたりするわけで、そうなると彼らは劇中で

1病気で死ぬ
2事故で死ぬ
3殺される
4旅に出る

のどれかで始末されるそうな(笑)。


まー正直なところ・・・hahiuはこれが見るに耐えず(だって本当に詰まらないんだもんw)、
現代英語のリスニングよ!と頑張ってみたんですが、
役者はそこらへんの人捕まえてきたみたいな風貌だし、カメラワークも下手だし
(まるで家庭ビデオのようだ)、イギリス生活のネタの一つとして一見・・・ていう程度なら
お勧めしますw

↑ものすごいこき下ろし。ファンの方すみません。。。


19世紀ドラマだけでは現代の若者英語にはいつまでたっても追いつけませんので、
hahiuめはソープドラマは外して、アンティークオークション番組とか、
アンティークハウス番組とか、これまたイギリス!な番組を代わりに見ているところです。。
2008'02'19(Tue)13:33 [ イギリス生活 ] CM0. TB0 . TOP ▲
ミルクティーとベーグルとイギリスドラマと
英語っていうか、イギリス生活ていうべきか、と迷うカテゴリーです。

先日の更新で書いたBBCドラマのCranford、DVDを買いました
ドラマのメイキング映像もついていて、ますます19世紀の衣装に萌えーです(笑)。

このドラマ、ジュディ・デンチが主要キャラの一人なのですが、イギリスでは押しも押されぬ名女優。ハリウッド映画にも出ているので知ってる人は知ってるかな?007にも出ていたし、ショコラにもでていたな。

さて、1年半近く経っても未だ、私のリスニング力は驚くべき向上を遂げるわけでもなく、そりゃーここにきた頃に比べりゃマシですよ、と言うほかないので「そう言ってたのか!」と驚いたり、ストーリーの主軸には関係の無い小話的なところなど聞き逃していたところがわんさか出てきて、嬉しいやら、情けないやら・・・。

お昼に焼いたベーグルと、whole milk(成分無調整ってことかな?)をたっぷり入れたミルクティーとともに、英語字幕つきで聞き逃しや知らない単語を再び追うであります!
(っていう言い訳で勉強から逃避しているとかいっちゃイヤイヤ)


そういえば、メイキング映像の中で脚本家の方が"She is so humourous without meanig to be"(狙ってないのに面白いのよね)と言っていて、

使える! 

と思った私はやっぱりB型です。何に使う気だよ。


そんなことはともかく、もともとイギリス英語に傾倒して、また19世紀ラブな私にとってはそれらの要素が詰まったものが沢山見られてウハウハなのですw。クリスマスやバレンタイン、メイデーなど、日本では良くも悪くも商業的に変えられたものの本来の様子が見られるのもいいところです。

英語学習の点からみても、大好きなものなら苦痛にならないし、映像と一緒なら使うべき場面も把握しやすくて長期記憶にももってこい、と改めてお勧めしたい次第です。

2008'02'17(Sun)19:09 [ 英語 ] CM2. TB0 . TOP ▲
イギリスのドラマ
さて、イギリスでは、日本で常に江戸時代のドラマがあるように、ほぼ常に19世紀が舞台のドラマをやっているようであります。イギリス人にとっての古き良き時代なのかしら。衣装など見ていると、今のファッションよりよほど繊細で素敵に見えるけど・・・ま、そりゃー私が19世紀ラブだからっていうのもあるか。

で、11月から12月にかけてやっていたドラマ、Cranford、確か5回完結だったのですが、4回目を見逃した。旅行にいってて・・・。それに、字幕なしだと何度みても聞き取れない箇所は結構あるんですよね。ストーリー自体は追えるけど。で、DVD出ないかな~と思っていたら、、、


ためしにAmazon.co.ukで検索かけると出てきた!おお!日本に帰っていてこれまた途中から見逃した"Sense and Sensibility"(Jane Austineの小説ですね)もすでにDVDに!早!


うう、今は我慢だ・・・バイトを見つけてお金を稼がねば・・・。
2008'02'10(Sun)23:32 [ イギリス生活 ] CM2. TB0 . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。