picapica イギリス留学blog  2006年9月11日から渡英しました! 留学中のことを覚書きしていこうと思います・・・
04≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303105/ ≫06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
ロンドン2日目(長すぎるので注意・・・)
いよいよ、2日間のショートコースの始まりです。

一応大学へのアクセスを調べ、バスの番号を確認してたのですが、降りたいバス停の2つくらい前で終点になってしまった・・・。なんでー?
仕方ないので地図を確認して小走りに大学へ急ぐ。が、目の前まできたというのに今度は入り口がどこなんだかわからん。小さいキャンパスで、一般の居住地と大学キャンパスの区切りが良く分からない!

で、学生っぽいな、と思った人に声をかけて入り口を聞く。
ひ~遅刻~と慌てて入ると、"Welcome! Don't rush, you're not the last one!"(あわてないで、最後の一人じゃないから!)なんて言われる・・。へへ。

みんな揃ったところで自己紹介するように言われるものの、日本語でだってみんなの前で自己紹介、というのはものすご~く嫌いなシチュエーション。ええやんけ、おいおい興味のあるもん同士、知っていけば・・・。

あまり保存科学のバックグラウンドがあって来てる人はいませんでしたね。ていうか皆無か。
まあ、修復やってる女の子が一人いて・・・ハリポタ3作目に出てくるピーター・ぺティグリューという人物にそっくり!あのロンのペットのねずみになりすましてたヤツね!もちろん、本人にはいえませんけど。

マンチェスターの博物館から来た学芸員さん2人がいて、一人は少なくとも40後半はきてるといった感じ、もう一人が私と同じくらいかも?というくらい。お昼は彼女らに声をかけて一緒させてもらった。2人ともとっても感じが良くて親切でした。

一日目はConservation for Papar Artefact。カビや、インクのにじみ防止剤が原因の染み、破れ、穴、などがでてる適当な印刷物を一枚ずつ割り当てられる。
まずは刷毛や日本の習字筆を数本横にくっつけて束ねたもの、練りケシ、ケミカルブラシ、コットン、めん棒(でもこすってるうちに棒でオブジェクトを傷つけることがあるので注意)などなど使って紙の表面のごみをきれいに除く。これをしないとごみが付いたまま処理することになるので、傷つけないよう、優しく、でも念入りに・・・。

後は、各々のオブジェクトの状態によって、染み抜きしたり、スパイダーティシューという柔らかくうすーい紙(対象より重い素材を使うのは勿論ご法度!)を細く短く切って×印をいくつも作るようにして破れ目を繋いだりします。
でも染み抜きは余程のことがないとしません。染み抜きは一定時間紙を専用液につけないといけないので、紙に負担がかかる。負担をかけるリスクとしみが抜けるメリット、どちらが重いかはそのオブジェクトごとに考えなければいけないこと。

今回は皆、専用液による染み抜きはせず、ただ水につけて極細の筆でやさしくさするだけ。これを両面からやって、厚紙の上に乗せて水から出し、さらに厚紙を乗せて重しの板をのせ乾くのをまつ・・と、これだけでかなり染みが薄くなった!すごいな~。

大きく欠けてる部分などは、楮紙という和紙を使って穴埋めします。スパイダーティシューでもいいみたい。でも、西洋紙と違い、和紙は繊維が長いのでちぎったときになが~く繊維がでてくるからしっかりとオブジェクトに貼り付けることができるのです。なんといっても丈夫かつ軽い!
日本のでんぷんのりも良いみたい。ここではWheat starchかミセルセルロースを主に使っていたけど。

こうして一通り基礎的な保存処理を学んで一日目終了。二日目は処理したものをマウンティングします。ま、台紙をつけて保管できるようにするのね。

これが終わったあと、私の願書を審査しているMarkと面談。提出を突然リクエストされた手仕事作品も願書も問題ないということで、一安心。聞かれたことは答えられたしね。質問聞き取れてよかった・・。その後ラボを全て見せてもらったけど、もう途中からMarkが早口になっちゃって聞き取れん!

そんなこんなを経て、行きと同じようにバスに乗って、南の最果てにある地下鉄駅からバスに乗ってBayswaterへ。日本語OKなネットカフェでメールチェックやSkypeでのチャットをして、M&Sにて晩御飯の買い物。アボカド&シュリンプのサンドイッチやクスクスのサラダ、ナス、チキンとライスのサラダ(サラダはBuy1 Get1 free一つ買ったらひとつタダ、のやつ)、マンゴー&アップルのジュース。パッケージがお洒落!

それらを持っておとなしくホテルへ帰り、もらった資料で明日の予習をしながらご飯を食べ、眠りにつきました。
スポンサーサイト
2006'04'08(Sat)04:06 [ 留学 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://picapicab.blog58.fc2.com/tb.php/14-6ba0c752
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。