picapica イギリス留学blog  2006年9月11日から渡英しました! 留学中のことを覚書きしていこうと思います・・・
06≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
英国大学受験記
一応振り返りつつ。

受験ていっても、日本の大学受験ともだいぶイメージ違うねえ。試験会場いって試験問題解くんじゃないから受験料も無いしさ。

University of Glasgow
Durham University
University Leicester
Cardiff University

と4校出願したのですが、まあ、Unconditional(英語力も問題ないので特に条件なしで入れるということ)Conditional(ちょっと英語力あげてほしいから入学までにTOEFLかIELTSで何点以上とってください、とか大学の英語準備コースとってねという条件がつくもの)も両方あったけど、とりあえず合格はもらった。

出願に当たって、用意したものは
・推薦状2通
・奨学金を需給することが決まっているという財団のお墨付き
・願書(大学側が用意している、志望コース、名前・住所・学 歴・英語力等をただ箇条書きする感じのフォーム)
・英語力を証明するもの(TOEFLのスコアとか)
・Personal Statement/Relevant Information(なんていうんで しょう、志望動機?を書き連ねたもの。但し長すぎるのは良 くない。たぶんA4で1枚ちょっとで十分)
・最終学歴までの成績証明書(大学院受けるから、大学学部と 大学院修士課程のもの)

あとは大学によってはアカデミックなことをやった実績例を添付しろ、とかあったので、とりあえず修士論文の英文要約つけたりもした。やっといてよかった、英文要約(日本語の要約は規定でつけないといけなかったんだけど英文はなくてもよかったのに先生に提出前1週間くらいのとき書かされた)。

Personal Statementは大学によって言い方が違ったけど、
以下のような感じで書いた。

1自分はそもそもどんな分野に興味がある
2そしてその結果として今までどういう学歴、職歴をたどった
3その他それに付随してどんな経験をもった、興味の範囲が広まった
4そんなわけで(1~3をうけて)こういうことをこれから勉強したい(将来の展望、希望)、そしてこんな仕事がしたい
5それにはどういうことが必要と考えている
6それを満たすにはおたくの大学がこういう理由のために最適

何語以内で書け、という指定の学校もあったから
どこも手短に書いてほしいと思ってるようです。

推薦状も自分で書いたんだけど(で、後でサインだけもらった)とりあえずイギリスの大学に送るのに余り美辞麗句を使わない、とアドバイスされた(ブリティッシュカウンシルの留学フェアで)。
とりあえず、出願者のことをどれだけ知っていて、どういう関係(修士論文の担当教官、とかね)、彼女はこういう分野に大変関心があって学ぶ意欲がありますので推薦します、という程度。

4校書くの、しんどかったなぁ。やれやれ。      
スポンサーサイト
2006'08'05(Sat)17:02 [ 留学準備 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://picapicab.blog58.fc2.com/tb.php/42-3916f461
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。