picapica イギリス留学blog  2006年9月11日から渡英しました! 留学中のことを覚書きしていこうと思います・・・
10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
イギリス到着
何とかドミトリーに着いたのですが、聞くも涙、語るも涙(私が)。一応イギリス時間に近づけて睡眠はとったけど、今日は6時前に空港着いたから、めっちゃ早朝に起きてることになるし、そのあと重い荷物2つも引きずって歩いたからね。。

2つの地下鉄の駅で、親切な男性が階段を上がる際に手伝ってくれました。かしてごらん、持ってあげるから、なんて言って。

そして道があやふやなまま、石畳の上を亀の歩みのようにのろのろ歩いていたら、3秒ごとくらいにスーツケースがつまづくものだから切れて蹴りかかっているところへ、赤い車のおば様が。

どうしたの、困ってるの?

ええ、実はドミトリーを探してて・・日本人が経営してるところで、この辺のはずなんだけど。。。

乗りなさい、近くに日本人のエージェントがあるからそこで聞きましょ。

てな流れ。でも行った先ではむしろ日本人のが冷たかった。
聞いたことあるけど、場所は知らないなあ。
ちょっと冷たい感じに言ってたせいか、おば様エージェントを出てから何よ、あれー、家にきなさい、電話を使ってもいいし、また繋がらなければ(おば様に会う前に2度かけたけど繋がらなかった)娘に言って探すの手伝ってもらうから!って。


なーんていい人なんだろう!
お仕事行く途中だったのに、家に戻ってミルクティーまで入れてくれた。おば様は娘さんを起こした後、お仕事へ。

ハイティーンの娘さんは、これまた信じられん、いい子。
あの母にしてこの娘あり。
私の重い方の荷物をさっとすばやく持ってくれて、ずっとそっちを運んでくれるの。ええ、悪いよ、私が、て言ってもno problem!

探すのにかなり時間ついやして、私がちょっとこの辺りの家にベル鳴らして聞いてくる!なんて聞きにまでいってくれて、本当に涙がでた。

私も人にうんと優しくしなきゃあ・・・。

別れ際に娘さんにメールアドレスを聞いたので、メールしたんだけど、今年のクリスマスにはきっとクリスマスカードを贈ろう。そうしよう。
スポンサーサイト
2006'09'11(Mon)22:16 [ ロンドンにて ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://picapicab.blog58.fc2.com/tb.php/45-28191aea
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。