picapica イギリス留学blog  2006年9月11日から渡英しました! 留学中のことを覚書きしていこうと思います・・・
10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
文献探し
こてこての文系(ジャーナリズムとか)に比べれば、
リーディングの量というのは大した事ないのでしょうが、
サイエンスとはいってもミュージアムマネージメントも含める私のコース。
ディスカッションのクラスは毎回5つ程の論文、リサーチペーパーを
読んでこなければいけません。
初回は先生がコピーをくれたのですが、今回からは自分でさがし、
本を読むなり、コピーをとるなりしなければならない。

まあ、慣れれば何ということもないんでしょうけど、
私は最初から何も知らない状態で始まったので、
ちょっと一苦労。
どこでどうやってコピーするのかも知らないし、
検索機の使い方とか、自分の分野の本がどの辺か、とか。

なので、ちょうど図書館でバイトしているコースメイトがいたので
彼女にお願いして一通り案内してもらいました。

図書館の検索機自体は日本の大学のものとさして変わりはないかと思います。
自分の借りてる本の冊数だとか、超過して罰金がいくら溜まってるとか
(何と一日でも過ぎたらお金取られるんです!こわ!)
そんなことも見ることができます。

罰金については、本の種類によって違います。
中には一日しか持ち出しできない1day loanというシールの貼ってある本があって、
そういうのを超過すると一日当たりの罰金が他のより高め。
罰金が10ポンドを過ぎるとそれ以降は本を借りる権利を失ってしまいます。

日本ってつくづく優しい制度だな。。。
大学でついうっかり返すの忘れて謝りつつ返したら
笑顔で「気をつけてね~」で済みましたけどね。いや、数日だったからかもしれないけど。
確かあんまり超過すると二週間一切借りれないとかその程度だったかな?

苦労して集めてきた文献。。。よまなきゃ。。


RIMG0263.jpg

学問の道は遥かかなたまで続く。。。。

どうぞ、愛のワンポチをお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
2006'10'08(Sun)00:37 [ 留学 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://picapicab.blog58.fc2.com/tb.php/67-a79b320d
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。